石橋製油株式会社 〒839-0863 福岡県久留米市国分町551番地 TEL. 092-791-1523

油屋日記

「菜種油とサラダ油って違うの?」

06203160_l2marukannsarada06203160_l2marukann

皆さん、こんにちは。

さて、2年ほど前に、油について消費者の方とお話しする機会があったのですが、その時、「菜種油」と「サラダ油」は別のものと思われている方がたくさんおられることに気付きました。そこで、今回は、「菜種油」と「サラダ油」についてお話ししたいと思います。

皆さんが普段ご家庭で使われている油の多くは「サラダ油」だと思いますが、この「サラダ油」とは、油業界ではサラダ加工した油=油本来に含まれている蝋分を除去して低温でも固まらないようにした油のことを指します。そうすることによって生の状態で食べて頂けるドレッシングやマヨネーズにも加工できるようになります。

かつてスーパー等の陳列コーナーに並んでいた「天ぷら油」は過熱して使うのでサラダ加工をしていない油です。「そういえば最近あまり見かけなくなったなぁ」と思われた方もおられるのではないかと思いますが、実際は、主に業務用として「〇〇白絞油」、「△△白絞油」という名称で、現在でもレストランや食堂で活躍しています(もちろん「サラダ油」も「〇〇サラダ油」や「△△サラダ油」といった名称で業務用でも相当量使われています。また、どちらの油も〇〇や△△の部分に、菜種、大豆あるいはコーン(トウモロコシ)といった表示をすることで原料をあわせて示したりもしています)。

ただ、スーパー等で売られている「菜種油」はそのほとんど全てが「サラダ油」なので、皆さんが普段使っておられる「菜種油」は「サラダ油」だと思って頂いてよいと思います。

ちなみに「サラダ」の由来は、ラテン語で塩を意味するsal(サル)から、野菜に塩をかけて食べることを「サラダ」と呼ぶようになり、その後、油を加えたドレッシング等に進化していって、生食向けに加工された油を「サラダ油」、お菓子などの塩味を「サラダ味」と呼ぶようになったといわれています。

 

長く油にかかわっているからこそ、気づかないうちに何気なく使っている「用語」がほかにもたくさんあること、皆さんにちゃんとご説明し、お伝えしなければいけないことがたくさんあることに日々気付いて反省しきりです。

皆さんとお話しすることで教えて頂けることがたくさんあることを痛感しています。

私は今年で70歳になりますが、まだまだ発展途上の人間です。これからも頑張りますので、引き続きよろしくお願いします!

それでは今回はこの辺りで失礼します。

 

♪ジャズ上野