石橋製油株式会社 〒839-0863 福岡県久留米市国分町551番地 TEL. 092-791-1523

油屋日記

ご存じですか?「油を売る」の語源

皆さん、仕事をサボったりして怒られる時、「何処で油を売っていたんだ!」と云われたことはありませんか?

 

「無駄話に時を過す。また、用事の途中で時間をつぶす」という意味で使われる「油を売る」という言葉、今回はその語源について少しお話ししたいと思います。

油は、昔、行燈などの部屋の明かりとしてとても貴重なものでした。また、女性の髪油としても大切に扱われていました(ちなみに、食用として使用されたのは古くは奈良時代で、寺院の精進料理に油を使用したとの文献がありますが、それについてはまた後日触れたいと思います)。

広辞苑によると、江戸時代、この髪油の行商人が女性客を相手に世間話をしながら商いをしたことが語源となっているようですが、実はこれ、油は粘着力が強く、柄杓を使って桶から客の器に移す際に雫がなかなか途切れず時間がかかるのでついつい長話になった、ということで、決して怠けようとして世間話をしていた訳ではないんですよ。

油売りの様子

油売りの様子

さて、話はかわりますが、私が昔業界の“長老”から聴いた話に面白いのがありました。

「昔の油売りは朝早くから商いはしなかったんだよ。大体11時頃から出かけて16時には家に帰っていたんだ。何故だかわかるかい?それは、夏ともなると外気温が30℃以上になるだろう。そうすると油は膨張して一升枡に9合8尺位で満杯になるから、結構儲かるからなんだそうだよ!」

なるほどそれで「油屋さんは大名みたいだ」なんて云われたんですね(笑)。ちなみに、美濃の国の大名で織田信長にも縁のある人物「斉藤道三」は、昔、油の行商人だったのをご存じですか?この「斉藤道三」についても、いずれまたお話しすることにしましょう。それでは今回はこの辺りで。

 

 

ジャズ上野♪