石橋製油株式会社 〒839-0863 福岡県久留米市国分町551番地 TEL. 092-791-1523

商品紹介

無添加一番搾り菜種油

製品一覧

量産から良産へ、こだわり続けて100有余年の石橋の無添加菜種サラダ油

石橋製油の無添加菜種サラダ油は、原料・製法にこだわっております。
原料は、オーストラリア南東の離島、カンガルー島産の非遺伝子組み換え原料のみを使用。
一番搾りと呼ばれる圧搾だけで搾油した油を、無添加湯洗い製法という丹念に手間暇こめた精製により、油本来のもつミネラル、風味が損なわれることなく、口当たりもまろやかな手造りの油に仕上がっております。天ぷらなどの揚げ物にはもちろんですが、お塩、お酢などを加えドレッシングとしてそのまま生でも美味しくお使い頂ける菜種サラダ油です。

国内初の非遺伝子組換え商品の開発

1996年、日本で初めて遺伝子組換え作物(GMO)が食品として認可されたことを受け、当社においては『遺伝子組換えを行っていない原料のみを使用する』方針を明確に打ち出しました。
これに伴い、翌1997年より、アメリカ・カナダでのGMOに関する現地調査や日本有数の食品・飼料分野の遺伝子分析機関である「ジェネティックID社」での自社使用原料の分析を実施するとともに、「生活協同組合連合会グリーンコープ連合」と協働で、日本で初めて「非遺伝子組換え(NON-GMO)規格」の商品を開発し、その販売を開始しました。
それまでなかった「非遺伝子組換え(NON-GMO)規格」の商品としては、1997年に鶏・豚の飼料(圧搾大豆粕)からスタートし、翌年には食用菜種油の販売を開始しました。
そして、その後、全国の納豆や豆腐等の食品にも広まっていきました。
また、当社のこれらの取り組みには、スタート当初より「株式会社 大地を守る会」にもご賛同を頂き、現在に至っています。
当社では、お客様と、その大切なご家族の皆さまに、安心安全で美味しい食品をお届けできるよう、これからも社員一同心を込めて努めてまいります。

菜種原料ルート